i の大学受験・進学情報

ロンブー田村淳さんの「100日で青学一直線」

2021/06/05
【受験に関するコラム】
ロンブー田村淳さんの「100日で青学一直線」については、非常に批判も多かったようです。アサ芸プラスなどは「田村淳は受験生に土下座しろ!」という非常に厳しいタイトルの記事で「たった100日間で青山学院大学の合格を目指すという、真剣な受験生を愚弄した企画を続けてきた田村淳が、全学部不合格という当然の結果」と述べ、100日間の勉強で青学合格は絶対無理と決めてかかっているようです。

以前「『ドラゴン堀江2』は始まる気配無いですね…」という記事でも述べましたが、6ヶ月で東大合格って十分可能性があると思うんですよね。100日で青学合格は、それ以上に現実味があると思うのです。

1日12時間として100日なら1,200時間ですからね。
  • センター英語過去問なら、回答と解説確認を1回2時間で行うとして、600年分演習できます!
  • バイブルと呼ばれる山川の日本史教科書が、1頁3分で読めるとして、60回精読できます!

青学には、2月初めに行われる全学部入試というものがあります。実質的に前期入学試験なわけですが、この試験は全問マーク式で、しかも科目数的な負担も少ないのです。

英語:
  • リスニング無し!発音・アクセント問題無し!
  • ↑これはセンター英語250点中の64点(25.6%)相当が減免されるようなもの!
  • マーク式なので、英作文の練習不要!
  • ↑英作文の勉強ほど大変なものは無い
  • マーク式なので、英文和訳の練習も不要!
国語:
  • 現代文のみ!古文漢文無し!
  • マーク式なので、漢字の書き取り無し!
  • マーク式なので、記述の練習不要!
日本史
  • マーク式なので、「やまたいこくのひみこ」でOK!
  • 「邪馬台国の卑弥呼」と書ける必要無し!

↑このように範囲が狭い全学部入試であれば、1,200時間の学習時間で十分に攻略可能なハズ!

しかも田村淳さんは、結構スペック高い方というか、地力の高い方だと思いますよ。

  • 高校はきちんと卒業されているようです
  • ↑ココ重要。英語は最低限の基礎はあるということ。
  • 地頭が良さそう
  • ↑現代文はしっかり読みこなせるはず
  • 政治家志望?
  • ↑江戸時代後期以降の政治・経済・外交史には、詳しいはず

しかも東進ハイスクールの、マンツーマン強力サポート付き!

更に、慶應通信過程に入学したり慶應の大学院に入学してみたりで、批判もされまくっていますが、とにかく高等教育機関に入学したいという意志は非常に強固!

これほどの有利な条件でそれでも田村淳さんが合格できなかったということは、彼ほどの折れない心の持ち主でも、しかもテレビの企画で衆人環視のプレッシャーの下という条件でも、結局1日12時間×100日間の勉強はしなかった、いやできなかった、ということなんだろうな、と思います。

勉強を行うということは、本当に大変なことです!!!

↓クリック↓お願いします↓
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
PVアクセスランキング にほんブログ村